たまには...


レシピの紹介
なぞしてみますか。

以前にt-lifestyleさんから
お願いされていたのに
随分遅くなってしまいましたね。
(ほら、この辺のテンポが
ちょっと日本人離れし始めてます 笑)

私がいつも作っている
カタルーニャの伝統菓子
Carquinyoli カルキニョーリ

イタリア、トスカーナ地方の
カントゥッチョによく似ていますが
同じカルキニョーリでもいろいろなレシピがあるし
2つの違いを大きく定義づけるものは
多分無いのでは、と
私は思いますが...
もし「いや、ここが違う!」と
詳しくご存知の方はご一報ください。




材料

薄力粉 500g
砂糖  370g
ベーキングパウダー 8g
重曹  5g
スポンジケーキ 80g
(残りもののマドレーヌ、カステラ、ブリオッシュなど)
全卵  1個
卵黄  1/2個
水   1dl
アーモンド(皮つき) 300g
(伝統的なのはアーモンドですが
ヘーゼルナッツに替えても
非常に美味です)

・作り方

ミキシングマシンで作る場合

アーモンド以外の材料をマシン用のボウルに全て入れ
(スポンジケーキは適当に手で粉々にする
卵は分量の水と一緒に溶いて加える)
鉤型(物を引っ掛けるフック型)の混ぜるキットをとりつけ
低速で混ぜる。
ときどきマシンを止めて
ボウルの底の生地を手で上にすくい
生地の状態が均一になるようにして
ひと塊になるまで混ぜる。
(こねすぎないのがポイントです)
まとまったところで
アーモンドを投入し
もう何回転か混ぜたら、出来上がり。

手で作る場合

マシンと同じ要領で
ひと塊になるまで手でこねる。

もし生地が固いようなら
少量水を加えて調節してください。

・成形

生地が手にくっつくようなら
軽く打ち粉をして
太い紐を作る。
(このときにアーモンドをきちんと
中に埋め込みながら作ってください。)
これを軽く油を塗った天板に
感覚を置いて並べ
刷毛で溶き卵を塗る。

・仕上げ

170℃のオーブンで30分程焼く。
(焼き時間はオーブンによって前後しますが)

焼けたら1本ずつオーブンから出し
(すぐ固くなるので1本ずつを薦めます)
つかさず包丁でカット
私はいつも5mm〜1cm幅くらいにカットしますが
1、5cmくらいでも
素朴で田舎風カルキニョーリとなり
それはそれでまたよいでしょう。
切った後、冷めるとカリカリになるので
2度焼きの必要はありません。
(もし最初の焼きが甘くて
カット後のカリカリがいまひとつな場合は
再びオーブンで乾燥焼きをして仕上げてもよいでしょう)

以上。

このレシピは
私がいつも作っている量の半分にしてありますが
それでもご家庭用としては
結構な量になることでしょう。
お友達への手みやげなどにしても
喜ばれると思います。

コーヒーや食後酒とともに
小さな幸せのひとときを
味わっていただけますように。



e0083228_4385696.jpg

[PR]
by tomo114t | 2007-09-17 04:26 | 食のこと
<< 新展開? 9月11日 >>