柿のこと

先週末もそれなりに忙しい営業で
結構疲れていたのと
来週また旅に出る予定があるので
今週の休みは休もうと決めた。

特に出かける用事を作らずに
久しぶりに朝寝坊などして
食べるものも体に優しく
卵とわかめを入れたうどんなど作ってみたり
のんびりと地味に過ごす休日もたまには良いものだ。

しかし休みの日のノルマ「洗濯」は逃れられない。
今日は意を決して
要手洗いで後回しにしていた洗濯物を
一気に退治してしまった。
しかし大量の洗濯の後には、大量のアイロン掛けも待っている。
フ−ッなんでいつもこんなに洗濯物が多いんだろう
もしかして私って2人いるのかも知れない...

久しぶりに近所のスーパーへ行った。
いつもいるおばさんは
私の腕が治っているのを見て
「私も嬉しいわ」と喜んでくれた。

そこで久しぶりに柿を買った。


e0083228_6305478.jpg


イタリアでもスペインでも柿は売っている。
しかも大抵の柿が
既に完熟のかなり柔らかい状態で。
まだ固い柿をパリッと食べるのが好きな人には辛い環境だが
超完熟をスプーンで掬って食べるのが好きな私には都合が良い。

柿は名前も日本名で「カキ」ではあるのだが
言語の違いで少々変化している。

イタリア語では
まずトマトを例に挙げてみると
イタリア語でトマトはポモド−ロ pomodoro
トマト1個ならポモド−ロだが
2個以上だとポモドーリ pomodori と変化する。

これをカキに置き換えてみよう
カキ cachi はiで終わるので複数形、2個以上の柿の場合だ。
では柿1個のときは? caco 「カコ」となる。
イタリアの八百屋で柿1個買うときは
「ウン カコ ぺル ファヴォーレ」
なんて言わなくてはいけないのだ。

スペイン語、カタルーニャ語では
複数形は英語のように終わりにsをつける。
なので柿1個ならカキ caqui でよいのだが
2個以上のときは caquis 「カキス」。
今日私は2個買ったので
この場合はカキスを買った、と表現すべきか。

スプーンで掬って食べて、満足。
渋柿って見ないけど、あるのかな...


カタルーニャの秋の空

e0083228_7114421.jpg


しかし冬はもうすぐそこに来ている。
[PR]
by tomo114t | 2006-11-15 07:18 | 食のこと
<< 時は流れる 今日この頃 >>