<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Tofona


tofona
トリュフの季節

冬になると
エルス・カサルスの厨房に
トリュフを持って現れるペラは
売買もするが
自ら探しにも行く人

実はエルス・カサルスの
すぐそばの森の中にも
トリュフが採れる
秘密の場所があるのだという

「ペラについて行け」と
オリオールに言われて
彼と2匹のトリュフ犬とともに森へ
暫しトリュフ狩り見学!

e0083228_6272416.jpg


森の中
樫の木の近く
地面は雑草に覆われているが
半径5mくらい、あまり雑草が生えていないところがある
そういうところに、トリュフはあるのだそう
トリュフの威力で雑草が育たないのだとか

e0083228_6291510.jpg


訓練された犬は
きちんと嗅ぎ当てる
しかし大勢人がいたり
周りが騒々しいと
きちんと仕事をしないそうなので
私達はちょっと離れて静かに見ていた

e0083228_6303548.jpg


何というか
これは立派な「狩り」で
人と犬のコラボレーション
しかも大金の動く仕事だ

掘り出して口にくわえたトリュフを
犬が食べてしまう前に
ペラが急いでもぎとり
代わりにすぐにご褒美の餌を口に入れてやる
このときは、2個発見

e0083228_6571376.jpg


なかなか貴重な体験でした


そしてテーブルへと

e0083228_71498.jpg


温泉卵、豚顎肉、白インゲン豆、トリュフ

卵が見えないけど・・・(笑)
[PR]
by tomo114t | 2010-12-27 07:11 | エルス カサルス

final de any...


バルセロナオフ会↓は
ぼちぼちと参加希望者が集まっています
会場は日本料理屋さんにお願いしました
もうちょっと集まると
貸切でもOKな感じなので
ご興味のある方、お待ちしてます
飲食店勤務の方
お仕事後に遅れて参加も大歓迎ですよ!

先日
月火の休みを利用して
北イタリアへ行ってきた

e0083228_5411385.jpg


朝8時55分バルセロナ発
10時30分ミラノ着
空港からバスで中央駅へ
そこから電車で2時間半
Rovereto ロヴェレートという町に
午後3時頃到着

この町に
イタリアでは史上初だという
日本人オーナーシェフの
イタリア料理のレストランがオープンしたのだ
しかも女性で
自慢しちゃいますが私の大切な友人!
今行かなければ、いつ行かれるかわからないし、と
1泊2日を企てたのだった

カタルーニャに移って以来だったので
6年ぶりの再会
でも顔を合わせると
長い歳月も吹っ飛んでしまう

彼女は本当に忙しそうだった
オープンして1ヶ月半だそうだが
毎日満席状態らしいし

「料理のことだけ考えて作っていられたらいいんだけど
それ以外にやらなきゃいけないことが
いーっぱいあるんだよね」

そうだよね、皆そう言うよね
きっと私も、もうちょっと先で
苦労しているんだろうな

彼女が仕込みに追われている間
ちょっと町を散歩
クリスマスマーケットを見つけて見学
e0083228_53607.jpg

職場のおみやげにスペック(北イタリアのスモークハム)を買い
甘くてスパイシーなホットワインを飲んで暖まり

夜8時、レストランへ
シェフおまかせのコース料理をいただく

e0083228_544568.jpg

e0083228_5452219.jpg

e0083228_54545100.jpg


とてもオーソドックスな料理
地元のお客さまも
安心、納得に違いない味
中でも手打ちパスタは秀逸

ちょうど日本から来ていた
彼女の友人と2人で
楽しく美味しい時間を過ごし
仕事を終えた彼女も交えて
3人でまたおしゃべり

僅かの時間だったけれど
たくさんの刺激を受けた
あまり名残り惜しくもなかった
きっと次の再会は
私の店でありますように!

私もこれからは日本で
もっともっと
もーっと頑張って
彼女に多少は刺激を与えられる
存在になりたい

翌朝8時に
ホテルをチェックアウト
再びミラノへ
雪も降り寒ーーい中、空港へ向かう
14時55分発の飛行機で
バルセロナへ戻る

もうクリスマスだ
早いなあ・・・
[PR]
by tomo114t | 2010-12-22 07:10 | 旅行

お知らせ


いつもこのブログを読んでくださっている皆さま

ご存知のように私は
ここカタルーニャから
まもなく日本へ本帰国の予定です
出発日は年明け1月8日に決まりました

帰国前に
バルセロナ及び近郊在住の
日本人のお友達に
ご挨拶して行きたいのですが
(まあそれほどたくさんではないけれど 笑)
皆さんに個別に会う時間を作るのも
難しい状況
でも皆に会いたい!
ということで

バルセロナ、オフ会を企画します

1月7日(金)夜
バルセロナ市内のレストランで
と考えています
場所は、大体の人数が把握できてから
検討、予約するつもりです

私も、帰国後も定期的に
カタルーニャには来るつもりでいるので
皆さんと「お別れ」というよりは
「ベースは日本に移しますが
これからもよろしく」的な趣の親睦会です(笑)

会ったことのある方、ない方
もちろんお友達、パートナー同伴でも
日本人と限らず現地の方他国の方も
皆まとめて大歓迎!

いかがでしょうか
興味のある方、参加してみてください

連絡先をご記入の上
非公開コメントでお申し込みください
12月25日を
一応の締め切りとさせていただきます

ということで
よろしくお願いします!

tomo
[PR]
by tomo114t | 2010-12-11 02:13 |

Foc


ガリシアの旅が終わったら
もう12月だなあと
思っていた

で、もう12月!
師走ですねえ
日本の皆さま
慌しい日々をお過ごしでしょうか

今スペインは5連休で
私達は休みなし
営業に追われているところ

私は相変わらず
segon セゴン(メインディッシュ)担当で
肉焼いたり
野鳥の羽毟ったり
奮闘する日々
かなり男っぽい仕事内容で
また男度が上がった気がする(汗)

しかし、これが日常化してくると
私、前からずっと料理担当だった気にもなるな(単純)
今度はデザートが作れなくなってたりして・・・

薪の火をつけるのも
だんだん上達してきた!(嬉)

e0083228_2154623.jpg


営業前に必ず用意する
la brasa グリルの薪の火
大きな肉を焼いたり
野菜を焼いたり

いつもこの火の前にいるおかげで
今年の冬は寒くない!(笑)
[PR]
by tomo114t | 2010-12-07 02:24 | エルス カサルス

Galicia 3


さすが魚介類の豊富なガリシア
一面帆立の壁発見(笑)

e0083228_1343034.jpg

e0083228_1362727.jpg


これはガリシアの郷土料理の1つ
Empanada エンパナーダ

e0083228_1444743.jpg


ワイナリー訪問の合間に寄った
ローカル食堂でのこれが
私のツボにはまった!

玉ねぎ、ピーマンに
マグロやカツオなどの魚
もしくは貝類、塩鱈の詰まった
大きなパイのようなもの
具はバリエーション豊富で
ハム、チーズ、肉入りなども

このときのエンパナーダは
サンブリーニャ(ミニ帆立)入り
じっくり炒めた野菜も甘くて美味しい

その後本屋で
エンパナーダの本まで買ってしまった私
しかもガリシア語の(笑)
まあ、わからないながらも
ジーーッと文字を見つめていると
何となく解ってくるような・・・
いつか私流に再現してみよう!

エルス・カサルスの皆へのお土産も
迷わずエンパナーダ!
朝のメルカード(市場)のパン屋で
タコ入りのものを購入
e0083228_159444.jpg


翌日のお昼の賄いとなった
皆にも大好評

どこの町に行っても
メルカードを見るのは楽しい

e0083228_244314.jpg


More
[PR]
by tomo114t | 2010-12-04 02:32 | 旅行