<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Galicia 2


今回の旅では
ガリシアの中のリアス・バイシャス地区
アルバリーニョ種の白ワインを作っている土地の
ワイナリーを訪問した

アルバリーニョは
スペインを代表する白ワイン
「アルバリーニョは世界一のブドウだ!」
と断言する生産者もいた(笑)
(そういう「おらが村一番」な精神は素晴らしいと思う)
フレッシュでフルーティーで
誰が飲んでも美味しいと思えるワイン

これも常だけれど
同じリアス・バイシャス地区でも
海に面した所と、ちょっと山に入った所では
気候条件が違うので
異なるワインができるのだ

また、今までは
アルバリーニョといえば
「若さが命」だったのが
生産者のいろいろな試みで
数年の熟成を経て美味しく飲めるワインも
出始めているそう
日本へ輸出しているものもたくさんあるので
私も帰国後探してみるつもり

ワイナリーの住所をめざして
車を走らせていくと
すぐに一面ブドウ畑
ここがアルバリーニョの里なのか

e0083228_217375.jpg


More
[PR]
by tomo114t | 2010-11-30 03:42 | 旅行

Galicia 1


4日間の小旅行から戻ってきました

e0083228_8514127.jpg


ガリシア、気に入った!
またひとつ再訪すべき所が増えてしまったわ(笑)
次はいつ行かれるかな・・・

スペインを代表する白ワイン
アルバリーニョの里
ワイナリー訪問をしながら
土地の料理を堪能
話には聞いていたけれど
魚介類が本当に美味しくて
反省するくらい、食べ過ぎた(汗)
で、今週末から再び
肉体労働に励んでおります(笑)

小粒の牡蠣、最高

e0083228_856101.jpg


バカラオ(塩鱈)とジャガイモ
地元の食堂で。絶品

e0083228_857820.jpg


camaron カマロンという小海老
地元のワインとともに
やめられない止まらない状態に(笑)

e0083228_934453.jpg


地元の地中海もいいけれど
やっぱり大西洋の魚介類は美味しい!
ヨーロッパでも1番だという
良質のアサリもあるし
蟹もイケる
いやあ、ガリシア、いいところ
何で今まで来なかったんだろ(笑)

食べ物の話くらいしかないけれど(汗)
おみやげ話、もうちょっと続きます・・・
[PR]
by tomo114t | 2010-11-27 09:14 | 旅行

Viatge!!


朝晩はかなり寒い今日この頃

慌しい週末を終えて
クタクタです(笑)

明日からガリシアに行ってきます!(嬉)
ワイン専門家の友人とともに
ワイナリーを廻る4日間
去年はリベラ・デル・ドゥエロとリオハを旅して
とっても楽しかったので
今年は白ワインをテーマにガリシアへ
初めて行くので、すっごく楽しみ!!

また戻ってきたら
ガリシアバンザイ!な
お土産話でも・・・

では行ってきますっ
[PR]
by tomo114t | 2010-11-22 03:27 |

Tofona!!


11月17日朝
今季初めてのトリュフが
エルス・カサルスの厨房に
届けられた

持って来るのは勿論
地元の名狩人達
自慢じゃないが
(いや、自慢)
鮮度が違います

お昼のお客さんに
さっそく大盤振る舞いのシェフ


e0083228_646311.jpg


直球の一皿
トリュフのパスタ

e0083228_649050.jpg


寒いのは苦手だけど
楽しみな季節の始まりです
[PR]
by tomo114t | 2010-11-18 07:00 | エルス カサルス

Llebre...


前回ご紹介した
野ウサギのテリーヌ
皿にのると、こんな風

e0083228_051242.jpg


クミン風味のヒヨコ豆のピューレを添える
ソースはFondo de llebre
野ウサギのソース

このFondo フォンド(出汁)が
味の決め手なんだよなあと
あらためて思う
今日この頃

羊には羊のフォンド
仔豚には仔豚のフォンド
全般に使うのは
子牛の骨を焼いて作る
いわゆるフォン・ド・ヴォー

フォン・ド・ヴォーは
きっと日本では
老舗の鰻屋や焼き鳥屋で
代々受け継がれて使われていそうな
「秘伝のたれ」的存在
(得意の私的見解 笑)

シェフは肉料理だけでなく
いろいろなところで
隠し味に加える

茸のグリルに
マッシュポテトを添えて
仕上げにフォン・ド・ヴォーをタラリ

ソテーしたアーティチョークに
フォン・ド・ヴォーをタラリ
レタス類と合わせて
イベリコの生ハム、パルミジャーノのチュイルを添え
アーティチョークのサラダ

米料理の仕上げにタラリと

時には魚料理にもタラリ
これもカタルーニャ料理
mar i muntanya マル イ ムンタニャ
(海と山の幸の融合)
の精神から来るものと思う

この「タラリ」が
料理にコクと旨みを加えるのだ
魔法のソース!
(大げさ 笑)

いつの日か私は
グッとパンチの効いた
フォン・ド・ヴォーを常備して
骨太な皿を出す女料理人に
なれるだろうか・・・?
[PR]
by tomo114t | 2010-11-17 01:28 | エルス カサルス

Novembre...


秋も深まり
というか初冬か

ジビエの季節

地元の狩人から
直接届く
猪、山ウズラ、山シギ・・・

野ウサギのテリーヌは
シェフも大満足の出来

e0083228_1833587.jpg


私も少々手伝った
と言っても、骨を取り除いたり
出来上がりを切ったり、くらいで
大したことはしてないけど(笑)

赤ワインと共に味わいたい
季節限定品です!
[PR]
by tomo114t | 2010-11-08 18:40 | エルス カサルス

estic pensant...


ヨーロッパは冬時間になり
一気に日が短くなった

11月かあー

もう今年も終わり・・・

私は相変わらず
料理人修行の日々

自分の未熟さを
今さら再認識して
落ち込むこともしばしば

いや、でも
もし今すでに完璧であったら
天狗になってしまいそうだから
これでよいのだ
もともと天才肌でもないし
未熟なほうが
常に努力を怠らないでいられる
負けないぞーー

私的見解
「料理人の心得」

一、常に研がれた、良く切れる包丁を持っている

一、無駄な動きをしない

一、仕事は一度で憶える

一、掃除は綺麗に

一、臨機応変

一、完璧なオムレツが作れる

一、材料を無駄にしない

一、素材そのものの味の活かし方を知っている

一、閃きがある。即興で気のきいた一品が作れる

一、自分が作ったものに愛情を持つ

一、常に食べ手のことを忘れず、食べ手を幸せにするために料理する

一、誰にも負けないスペシャリテを持っている

一、旅をして、グローバルな味覚を持つ

etc...

挙げればキリが無い
あ、これは
自分に言い聞かせてます(笑)

マイパスタブーム健在!

で、今日は
トマトソースと茄子のカザレッチェ
パルミジャーノたっぷりで


e0083228_6471289.jpg


トマトソースって、偉大!
と今さら思う・・・
[PR]
by tomo114t | 2010-11-03 06:48 |