<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

それでは...


先日、新しい記事を書きながら気がついた。
9月25日
2005年の9月25日が
このブログを開設した日であった。
3周年!
もう私はこのブログを
3年も書いているのか。

ということで
いつも読んでくださっている皆様
本当に本当にありがとうございます。
料理もデザートも
食べてくれる人がいるからこそ作るように
このページも
読んでくれる人がいるからこそ書き続けてこれました。

私にとってブログは
もうひとつの大切な仕事のようなもので
仕事から帰って来て夜中に
今日こそ更新しなくてはと
PCの前に突っ伏しながらもキーと格闘
なんてこともしばしば(笑)
誰に強要されるわけでもないのに
勝手に義務感にかられているだけですが...

外国のレストランで働いているという
日本にお住まいの皆様にとっては
きっと非日常な私の日常を
ブログを通して疑似体験していただけたら
という思いで書いています。
そしてカタルーニャのこと
食の世界のことなど
興味のある方のために。

これからもどうぞよろしくお願いします!

なんて言ったあとで
しばらくお休みをいただくのも
どうかと思いますが(スミマセン!)
いよいよ明日から待ちに待ったウ゛ァカンス
思いきり羽を伸ばしてきます。
今回の4年ぶりのイタリアは
ただの旅行ではなく
たくさんの懐かしい顔に出会えると思うと
もう「ワクワク」なんて言葉では全然足りない!(笑)
帰ってきたらまた
おみやげ話にお付き合いくださいね。
次回の更新は10月20日以降の予定です。

それでは
行ってきます!!

tomo




e0083228_6143310.jpg
[PR]
by tomo114t | 2008-09-29 06:38 |

La Tardor


秋ですねえ
(la tardor カタルーニャ語で「秋」)

先日も紹介した卵茸
こんなに大きなものもある。

e0083228_6422194.jpg


ゴツイ手だなあと思いました?
私の手です。

休み明けの水曜日
いつもなら客数も少なく
皆もいまひとつエンジンがかからない感じで
穏やかな日であるはずが

今日は朝から皆フル回転
シェフは「今日の昼は既に20人の予約が入ってるから」と言う。
何なんだ、一体?

フタを開けたら
(つまり営業が始まったら、と言いたい)
10人のグループやら
予約なしの5人組の客やらもありで
たちまち満席状態
どのテーブルもオーダーは
bolets bolets bolets...茸、キノコ!
ああそっかあ
皆こぞって茸食べに来たのか
カタルーニャ中が茸で盛り上がる
ハイシーズン到来だ!



e0083228_702210.jpg


ロシニョールという
やはりカタルーニャで親しまれている茸
この前菜は
「ロシニョール・フェスティバル」
とでも名付けようか?(笑)
これでもかっ!というくらい
この茸をたらふく堪能できるひと皿

生のスライス、タルタル仕立て、ソテーと
いろいろに調理したロシニョール
それに上質の生ハム
パルミジャーノのスライス
ルッコラやハーブ
ジャガイモのコンフィなどをあしらい
同じ茸からいくつもの味わいを楽しめる趣向。

それにしてもこれで1人分
「食欲の秋」って万国共通なのだ。

こうなるとやはり私のポストレも
茸で何か作らねば!
とりあえず
「キノコの山」でも出してみるかな...
[PR]
by tomo114t | 2008-09-25 07:33 | エルス カサルス

終わりゆく


突然の夕立ちに見舞われたり
このところ天候不順
山なんだから当たり前か。

ここは空が本当に広いので
空の表情が手にとるようによくわかる。
むこうは晴れているのに
こちらは真っ黒な雲から大粒の雨
そんな中、エルス・カサルス上空に
大きな虹がかかった。
誰かの「虹だ、虹ー!」の声につられて
大人も子供も全員、厨房から外へ。


e0083228_545476.jpg

e0083228_5454163.jpg


大粒の雨に打たれながら
必死でシャッターを切ってみたけれど
(そんな私の影がエルス・カサルスの建物に映っていた。笑)
やはり虹の写真は難しい。
本物のスケールの大きさと美しさといったら...
ちょっと感動した。
ちなみにカタルーニャ語で「虹」は
L'arc de Sant Marti
ラルク デ サン・マルティ(聖マルティのアーチ)という。
何でだろう?
(ご存知の方、教えてください)

その後ヒョウが降った!
おかしな天気でしょう?

さて...
今週から週休2日に戻った。
今日1日のんびりしたのに
明日も休みなんて!
休みが2日あると、ほんとに休んだ気がするなあ(笑)
私にとっては「夏時間の営業が終わった」ことが
本当に「夏が終わった」ことを意味するのだ。

先週末の200人のウェディングの仕事も
何のそつもなく無事に終了
アペリティフの1つ「スシ」のビュッフェも
1㎡大の木の板を埋め尽くすくらいに並べたものが
大好評で完売、米粒ひとつ残らなかった。
ポストレの準備は前日に全て終わらせて
当日はスシにかかりきりだった私
素人寿司ながら(汗)頑張った甲斐があった。

今週が最後の営業で
9月29日(月)から10月7日(火)まで
エルス・カサルスは休業の予定
(ご来店はそれ以降にお願いします。笑)

そして私は店の休みに自分の有休をくっつけて
18日まで、20日間のウ゛ァカンスをとり
4年ぶりのイタリア里帰り旅行を計画した。
一体どんな楽しいハプニングが起こることやら
楽しみで楽しみで、目眩がするー(笑)

しかし私の休み中にまたウェディングが
60人と80人というのが2件入っているのだ。
なので出発前に、それも含めて
出来る限りの仕込みをしていかなければならない
私にとっては今週が
一番ハードな1週間になりそうだ!(笑)

いろんなことが次々と終わってゆき
また新しい出来事が起こり
それも終わって、時は流れ...
[PR]
by tomo114t | 2008-09-23 06:35 | エルス カサルス

Ous


いつも厨房に顔を見せる茸狩り名人
一体どうやってこんな宝物を見つけてくるんだろう。

e0083228_514832.jpg


Ous de reig
カタルーニャ語でオウズ・デ・レッチ
ousは卵(単数はou)
卵茸。

卵の殻を破りムクムクと出てきたような
何とも愛らしい姿
上品な香りで深い味わい

More
[PR]
by tomo114t | 2008-09-17 05:44 | エルス カサルス

ELLE


ここ最近うちのシェフは
料理系以外の雑誌に登場づいているのか(笑)
先日のVANITY FAIRに続き
今度はスペイン版ELLE


e0083228_220193.jpg


私はエルス・カサルスの「新聞係」
出勤前に私の住む町ジロネイヤの本屋へ
(本屋と言っても
新聞雑誌、僅かな書籍と文房具を売る店)
エルス・カサルスのための新聞を取りに寄るのが
私の毎朝の日課となっている。

何せエルス・カサルスのある村サガスは
山道の途中にポツポツと民家が点在するような村で
店というものは一軒もなく
何をするにも近隣の町へ足を運ばなければならない。
(新鮮な野菜や牛乳卵、美味しい肉は手に入るけども!笑)

ある夜オリオールが私に言った。
「明日の朝、新聞と一緒に
雑誌『エル』を持ってきてくれ」と。
スペルはE(エ)・L(エレ)・L(エレ)・E(エ)
「エッELLEって、ファッション雑誌でしょ?」
と思わず聞き返した私 
どう考えても彼とは結びつかないが(笑)
本当に載ったのだろうか?

半信半疑で翌朝
言われたとおりに新聞と
ELLEを2冊、自分のためにもう1冊
本誌の他に別冊モード特集やら
どこかのブランドの秋冬物のカタログやらで
付録満載の大小冊子×3を受け取り
ズッシリと両手に抱えて出勤した(笑)
ら、本当に載っていた。

More
[PR]
by tomo114t | 2008-09-09 03:28 | お知らせ

4年


9月に入り
空も風も刻一刻と秋めいてきた
というかもう、秋なんだな。

ウ゛ァカンスも終わり
ほぼ平常に戻った感の世の中と引き換えに
いよいよ私達のウ゛ァカンスが
秒読み段階に入ってきた!
それを考えると嬉しくて頭がクラクラするほど(笑)
しかしその前に今シーズン最後の大仕事
招待客200人の披露宴が待っている。
しかもこの宴会ではポストレに加えて
アペリティフの1品「スシ」を作らなければならない。


e0083228_7135492.jpg


ちなみに夏のウェディングは
プールサイドでのアペリティフで
ありとあらゆるおつまみを楽しみ
その後屋外に用意されたテーブルで
着席して食事、という流れ。

e0083228_7193520.jpg


アルバイト君準備中の図

さて
本題に入ります(?)

More
[PR]
by tomo114t | 2008-09-08 07:52 |

VANITY FAIR


e0083228_3523472.jpg


これは現在スペインで発売中の
VANITY FAIRというモード雑誌

More
[PR]
by tomo114t | 2008-09-02 04:58 | お知らせ