<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Sauc


e0083228_4102330.jpg


オリオールの実家
カサ・マイヤから摘んできたらしい
ぽつんと厨房に置かれていた
楚々としたこの花

カタルーニャ語で sauc
(本来はuの上に点が2つ付く)
スペイン語で sauco
という名前の花だそう

シェフは「日本でも食べるんだろう?」
と私に聞いた。
エッこの花食べられるの?知らない...
「いや、食べるはずだ。
僕はバルセロナの日本料理店で
この花の天ぷらを食べたことがある」
辞書で調べたら
日本語名は「ニワトコ」

More
[PR]
by tomo114t | 2007-05-28 04:56 | エルス カサルス


(今日こそ更新します! 笑)

午後9時20分の
エルス カサルス上空
これを見たら
厨房から外へ飛び出さずにいられなかった。


e0083228_765927.jpg



これも一期一会

実際の光景の感動は
こんなものじゃないのだけど...
[PR]
by tomo114t | 2007-05-25 07:14 | エルス カサルス

バルセロナにて


e0083228_618071.jpg


私は今
バルセロナのレストランで週2日
研修仕事をしている。
もう3週目が過ぎた。

思えばイタリアでも
いつも片田舎での仕事、生活で
ローマだのミラノだので働いたことなんてなかった。
こんな都会の真ん中で働くのも
初めての貴重な経験だ。

上京2日間のレポートです...


火曜日
朝5時半起床。
家のすぐ近くのバス停から
6時45分のバスに乗り
8時半頃にはバルセロナ着。
途中、最寄りのバルで朝食をとり
お店へ向かう。

そのレストランは
Coure コウラという
(coure カタルーニャ語で、焼く、調理する、の意)
競争の激しいバルセロナの中でも
大変注目株のレストランである。
シェフのアルベルトは
2006年のカタルーニャに於ける
最優秀若手コックにも選ばれた。
(私のボス、オリオールも同じ賞を2004年に受賞している)
そして、よく働く腕のいいパティシエがいるというので
こうして私がわざわざ来ることになったのだ。

この店の仕事は時間も長くハードであるため
従業員が長続きしない。
今週私が厨房に顔を出すと
シェフのアルベルトとパティシエのジョアン以外は
皆違う料理人に入れ替わっていた。
何でも先週の土曜日に
3人がいっぺんに辞めたのだそうだ。
今日から入った新しい女の子
大丈夫かな...

私はジョアンのアシスタント
彼に言われるままに、いろんなものを仕込む。

まずはパン生地の仕込み
パンは3種類
バゲット、胡桃のパン、チャパタ。
(チャパタはオリーブ油と塩のきいた、皮はカリッと中はフカッとしたパン)
それに食前にスナックとして出すグリッシーニ
ひまわりの種入りのカレー粉をふったものと
黒オリーブ入りの2種類。

そしてポストレに必要な全てのパーツ
数種類のムース
ヨーグルトや蜂蜜のムース
ユーカリ風味のムースというのもあり
これはスライスしたパイナップルに巻かれて
パイナップルのカネロンというポストレになる。

さらにプチ・フール(食後の小菓子)
ジェラートのベース、クレマ(クリーム)の類...

ジョアンはほとんどのレシピを暗記しているので
私にもいつも口伝え。
「1ℓの牛乳に265gの砂糖、卵黄200g...」
ちょっと待ってー!と慌ててメモをとるが
あまりの早口についていけず結局何回も聞いてしまう(笑)。

日頃は「眺めのよい厨房」で働いているが
ここの厨房には窓がない。
しかしそのかわりというか
常にラジオがかかっているので
音楽が耳に入ってくるのは嬉しい。

あれこれしているうちに
営業時間が近づき
作業台や床を全部きれいに掃除して
つかの間の昼食の時間。
火曜日の賄いは
残り物がいろいろ入ったサラダ
残り物といっても
高そうなトマトやホワイトアスパラガスなど
結構いいものが入っていたりする。
それに白ブティファラと新ジャガのソテー
5分程でさっと食べて、再び厨房へ戻る。

私はアペリティーヴォ用の皿をきれいに拭いたり
プチ・フールの用意をしたり。
営業時はアペリティーヴォの一口前菜を出したり
ポストレを手伝ったりするが
ポストレのオーダーが入っても
まだその皿に何のパーツが必要か、がわからないので
横で見ているような状態だ。

最後のテーブルのポストレが出たら
再び隅々まで掃除して
昼の仕事は終わりになる。
17時半から30分ほど
近くのバルで休憩して
すぐに厨房へ戻り、夜の仕込み開始。

昼間に引き続き
言われたレシピ通りにあらゆる仕込みをしているうちに
そのうち夜の営業時間になり
アペリティーヴォやプチ・フールの準備...
最後のポストレが出たら
再び隅々まで、徹底的に掃除をして
終わると1時を過ぎている。

More
[PR]
by tomo114t | 2007-05-11 06:11 |

眺めのよい...


厨房。


e0083228_3414066.jpg


エルス カサルスのまわりは
冗談でも大げさでもなく
ぐるり360度の
大自然が広がっている。

今日はとってもいい天気で
草原は風にそよいで緑の波を打ち
放牧された牛達も気持ちよさそう。
たまにやって来るヘリコプター
この平和を乱されたりもする彼らだが...(笑)

厨房は2つの部屋に分かれている。
1つは火、鉄板、オーブンのあるメインの厨房
壁を隔てて後ろにもうひとつの部屋
そこには全ての機械類と
ポストレのための大理石の作業台がある。
従って後ろの部屋は
ほぼ私が独占しているのだが
ここの窓からの眺めが
まさにこの景色なのだ。

雨上がりに虹を見たこともある。
日が暮れる前の
真っ赤な空の色の美しさに
自分の目を疑ったこともある。

自然の表情が
手にとるようにわかる
眺めのよい厨房。


e0083228_44248.jpg

[PR]
by tomo114t | 2007-05-07 04:10 | エルス カサルス

最近


いやあ本当に
ブログの力って、すごい!と
実感している今日この頃。

ブログを通じて友達になった人
その人を通じて友達になった人
気がついたらその数は
もう結構なことになっているのでは。

実際にエルス カサルスに来てくれる人も増えている。
つい先日も
1月の一時帰国時のオフ会で知り合ったMさんご夫妻が
日本からはるばる来てくれた。
ブログで紹介した料理やポストレも
何品かテーブルに登場し
満足していただけたようで
今後もおつき合いのほどよろしく...
といった具合になっている。

最近初めてコメントを残してくださった
ニューフェイス(顔は見えないか 笑)の方々も
ありがとうございます!
これからも遊びにいらしてくださいね。


最近の私の生活も
ちょっとした変化が起きた。

More
[PR]
by tomo114t | 2007-05-02 04:46 |