「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Panda( 3 )

car music のこと

(たまに英語を使うとやっぱり肌に合わない)

つい最近まで
車の中に音楽がなかった。

e0083228_2133273.jpg

皆様も既にご存知であろう
私の愛車パンダは
クラシックカー(というと聞こえがよいのでこう表現しよう)なので
CDプレーヤーなんてついていない。
ラジオはあるものの
調子が悪いのか
もしくはいつもラジオの電波も入らない道を走っているためか
聴こえた試しがない。
あるのはカセットデッキのみ。

音楽がないのは寂しいというよりも困るので
仕事の行き帰りはいつも
思いついた歌を少し大きめの声で歌ったりしていた。
どんなに下手だろうが歌が古かろうが
どうせパンダしか聴いていないのだからおかまいなし
そんなセルフBGM(というかカラオケボックス?)の日々を送っていた。

しかし先日バルセロナで
カセットテープを売っている店を見つけた!

More
[PR]
by tomo114t | 2006-06-12 22:19 | Panda

Oh,my Panda!

まさか自分がペーパードライバーを卒業できるなんて
思ってもみなかったことだが
おかげさまで私の車人生は定着しそうである。

日本を出てから5年間
交通の不便な土地での暮しのために
幼い子供でもないのに
「1人で家に帰る」ことができなかった。
送り迎えをいやがる人は誰もいなかったけれど
私のほうが何となくいつも居心地が悪かった。
毎朝毎晩、誰が乗せてくれるのか決まるまでは落ち着かないし
時には長い時間待たなければならなかったり
しかもそれに文句も言えない立場で...

しかしもうそんな思いをすることはきっと一生ないだろう。
今の私にはパンダがいる!
e0083228_4523155.jpg

家の前におとなしく停まっているパンダ
つぶらな瞳をしているように見えるのは私だけか(親バカ)。

朝家を出て車に乗るとき
そして夕方もしくは夜仕事を終え厨房を出て車に乗るとき
この2つの瞬間に、私は最高の幸せを感じる。
そして必ずパンダに声をかける。
(口に出さないときは心の中で思う)
朝は、おはよう。
仕事の後は、お待たせ、さあ帰ろうね
家に着いて降りる前に、ありがとう、おやすみ。

せっかくの空色をきれいに保つために
できる限りまめに洗車も心掛けているし
すぐにお腹を空かせるのでミルクも与えて...

運転を始める前にひとつ不安だったのは
自分でガソリンを入れることができるのか?ということだった。
ヨーロッパのガソリンスタンドは通常セルフサービスなのだ。

しかし実際覚えたら何てことはない。
タンクの蓋を開けて、注ぎ口をクイッと差し込むだけ。
自分の車用の正しいガソリンさえ選べば、あとは簡単だ。
覚えてしまったら逆に
何で日本のガソリンスタンドには、あんなに人がいるんだろうと
そちらのほうが不思議に思える。
そして自分で入れるので
さながら子供にミルクを飲ませているような心境になる。
さあ飲め飲め、そしてまた元気に走ってね、と。

それから面白いことに
皆もパンダのことを「車」ではなく「パンダ」と呼ぶ。
オリオールの車を「オリオールのプジョー」なんて呼ぶ人はいないのに
私の車は「トモコのパンダ」。

パンダは決してカッコイイ車ではない。
しかしどことなく親しみやすい感じがする。
車は何と聞かれて「パンダ」と答えると
ああそう、と大抵の人がクスッと笑う。
「クスッと笑」われるような、パンダはそんなキャラなのだ。
ちょっと滑稽で、ちょっと愛らしい
人で言うなら「天然ボケ」と言われる人。
そしてそのキャラと「パンダ」という名前も妙にマッチしているのが
皆が「車」ではなく「パンダ」と呼ぶ所以かもしれない。

さらにそんなパンダのキャラは私自身のキャラに重なるのだ。
(愛らしいかどうかは知らないが)
やはり来るべくして来た相棒だったのか
ますます愛おしく思えるパンダ...
(親バカの親を取ってただのバカ)

先日隣町ベルガへ行く用事があった。
通勤道より交通量も多いし、まだ車で行く自信がなかったので
バスで行こうとバス停に向かっていたら
その乗りたかったバスがブン!と通り過ぎて行ってしまった。
やっぱりお前も一緒に行きたかったのね、とパンダが出動したのだが
無事に行き(生き?)帰りすることができて
私にとっては大きな進歩
ありがとう、パンダ!

これからももっともっと仲良くしようね

La meva Panda!
[PR]
by tomo114t | 2006-04-03 05:00 | Panda

空色のパンダ


カタルーニャでの私の日常は
日本の皆から見たらきっと非日常
日々の暮しの中で次から次へと起こる面白い出来事
ブログで皆に話したいことが山のようにある。
エルス カサルスでのことや料理教室のこと
最近始めた陶芸教室の話もしたい。
しかし最近、時間が足りなくなってきて
なかなか追いつかないので
今真っ先に皆に知らせたいことを書こう。
私にとっては革命的な出来事を。

タイトルでもう想像できるかな?
空色のパンダといっても
架空の動物のことではありません。

More
[PR]
by tomo114t | 2006-02-25 11:54 | Panda