日常・・・


また更新が滞って
いつも読んでくださる皆様に
申し訳なく思っていました。
ちょっとお久しぶり、です!

不況の煽りか・・・なんて
先週は書いたけれど
今週は、平日も週末も
しっかり忙しかった!(笑)

料理やポストレの
新しい写真も撮りたかったのだが
結局慌ただしく・・・
来週こそは
美味しいシャッターチャンスを逃さないように?
心がけるとしよう。

今週末は「卵がない!」事件で中騒ぎ
(大騒ぎ、というのも大袈裟なので)

狩人のおじさんが
仕留めた猪を一頭持ってきた。
それで猪のテリーヌを大量に作ったので
あるだけの卵を全て使い果たしてしまい
営業に足りなくなってしまった。

そういうときに限って
揚げ卵やオムレツのオーダーが
(何れも+トリュフ)
バンバン入ったりするものだ(笑)。

卵は全てシェフの実家の鶏の卵
なのでもう
産み落とした傍からかき集めてくる状態であった。

満席の日曜の営業を終えて
同僚達も皆グッタリムード
明日休み!という嬉しさが
しみじみと体に染みる。

休んでる間に
鶏達、卵産んどいてよー
来週は私、大量に必要なんだから・・・






私の最近のお気に入りのビール
というものがある。

e0083228_6575136.jpg


南カタルーニャ、タラゴナで作られている
Rosita ロシータというビール

近所のスーパーで見つけて
ちょっと素敵なラベルに惹かれて買ってみたら
これが私好みの美味しさ
日曜の夜のためのビールとして
定着しつつあるもの(笑)。

蜂蜜のような
ちょっと濁った黄金色
エレガントなコクがあり爽やか
その「爽やか」さは
ラムネのような、もしくは
メロンのようでいて青いトマトのようでもある
果物と野菜が混合したような感覚

本来私は断然ワインのほうが好き
しかし「真夏」「ピッツァを食べるとき」
それに「日曜の夜」
の3場面は例外で
にわかビール党となるのだ。

カタルーニャ在住の方
見つけたらぜひお試しください。
スペインの他の地方で売っているのかは
定かでないけれど。

HPがあるんだ、と何気なく見たら
このビールの歴史が判明して、ちょっと感激!

要約すると・・・

その昔
ジャウマ・コンテというタラゴナのある洗剤会社の御曹子が
洋裁店の縫い子ヌリアと恋に落ち
身分の差を越えて結婚した。
御曹子の家族はこの結婚を認めず
会社を倒産させて絶縁した。
絶望的な中、2人の間に生まれた
希望の光となる娘が、ロシータ。

ロシータの先礼式の翌日
ある親戚のタラゴナの文学者が彼らを訪ねた。
その紳士の助言から
人生やり直しを賭け、家族でキューバへ渡り
その後そこでビール造りに成功し
タラゴナに戻ってきた。
Rosita 「ロシータ」という
娘の名を付けたのビールと共に。

なんだそうだ。

何気なく買ったビールだったのに
こんなストーリーを知って
ますます愛飲してしまうに違いない(笑)。



e0083228_724351.jpg

[PR]
by tomo114t | 2009-02-09 07:36 |
<< 空 もうすぐ・・・ >>