4年


9月に入り
空も風も刻一刻と秋めいてきた
というかもう、秋なんだな。

ウ゛ァカンスも終わり
ほぼ平常に戻った感の世の中と引き換えに
いよいよ私達のウ゛ァカンスが
秒読み段階に入ってきた!
それを考えると嬉しくて頭がクラクラするほど(笑)
しかしその前に今シーズン最後の大仕事
招待客200人の披露宴が待っている。
しかもこの宴会ではポストレに加えて
アペリティフの1品「スシ」を作らなければならない。


e0083228_7135492.jpg


ちなみに夏のウェディングは
プールサイドでのアペリティフで
ありとあらゆるおつまみを楽しみ
その後屋外に用意されたテーブルで
着席して食事、という流れ。

e0083228_7193520.jpg


アルバイト君準備中の図

さて
本題に入ります(?)




昨日、9月6日は
私にとっては記念すべき日
私が「カタルーニャに着いた日」であった。
2004年の9月6日
従って丸4年の歳月が流れたのだ。
もうイタリアの滞在年数に追いつき、越してしまった。

仕事もお金も家もなく
路頭に迷っていた私
イタリアで知り合ったあるカタルーニャ人シェフに
働きたいと頼んだら
彼の店には入れず、友人の店を紹介された。
それがエルス・カサルスだった。
そこならすぐに入れると言うので
じゃあすぐ行くと
その電話を受けた翌日に飛行機を予約して
計50kgほどの持てるだけの荷物を全部持って
4日後にここに着いたのだった。

そして4年の歳月が
瞬く間に過ぎ
今も私はここにいる。

来年の9月6日は
どこでどうしているだろう?
[PR]
by tomo114t | 2008-09-08 07:52 |
<< ELLE VANITY FAIR >>