バスク小旅行


月火の休日を利用して
バスク地方へ1泊2日の旅

メンバーは
ボス、オリオール率いる
チーム・エルスカサルスの希望者7名

月曜朝6時に出発し
車で5時間半でサン・セバスティアンに到着
ミシュラン2つ星のレストランで昼食
夜はシドレリア(シードル醸造所が経営するレストラン)で夕食
山の中のアグリツーリズモの貸し家で1泊
火曜朝はサン・セバスティアンを散策しながら
朝食兼食前酒でバルを梯子し
3つ星のレストランで昼食
その後帰路の途へ、という
純粋に「ごはんを食べる」のみの遠足であった。
ああー、楽しかった!

2日間で計5つの星を
味わってきたことになるが?(笑)


e0083228_6543631.jpg


エラそうにレストラン批評というのも
おこがましいので避けるとして
私の大々好きなシドレリアの話に留めておきます。







シドラ(シードル)醸造所が営む
シドレリア
元々はシドラを買いに来た人に
試飲とともに料理を出していたのが始まりで
その後レストランのように定着したのだそうだ。
1年の内の冬期4か月のみ営業する。



e0083228_7175551.jpg


大樽が20個ほど並ぶ
半地下の酒蔵
樽の細い栓が抜かれ
そこから直接グラスにシドラを受ける。
こうやって注ぐとシドラがより空気に触れて
味が変わるのだ。


e0083228_725435.jpg


e0083228_7335231.jpg

椅子はなく立食
大皿料理を皆でつつき
パンも共有、長ーいバゲットを皆でちぎって食べる。

料理は30年前から変わっていないという
どれも絶品の定番料理が3品
e0083228_7421246.jpg

e0083228_7451864.jpg

バカラオのオムレツと
バカラオのコンフィに
牛の骨付きロース肉の分厚いステーキ
中に入るとすぐ脇に肉の焼き場があり
肉の焼ける薫りで一杯だ。
e0083228_7491739.jpg


シドラを飲んで、食べて
グラスが空になり
誰かが空のグラスでテーブルをゴンゴンと叩くと
それがもう1杯注ぎに行こうという合図で
テーブル一行で半ば強制的に注ぎにいかなければならない。
樽の前で列を作り、順番に注いで
さっきと違う樽のシドラの違いを味わいつつ
戻って食べて飲んで、グラスが空になると
また誰かがゴンゴン!とテーブルを叩く。
ペース早いけど仕方ないなあ、とまた半地下へ。
こんなことを何往復もするので
椅子なんて要らないのだ。
往復を重ねるごとに皆陽気さが増して
どのテーブルも賑やか。


e0083228_893891.jpg


シドレリアでのポストレはこれも定番で
地元のチーズ、イディアサバルと胡桃。
(楽でいいなあ、ここは 笑)
さんざん食べて飲んでお腹一杯なのに
殻付きの胡桃を殻割りとともに出されると
殻を割りたくなるのが人間の心理なのか?
せっせと割りつつ胡桃とチーズをつまむ羽目になり
つまんでいるともう一杯シドラが欲しくなる。
そこで再び誰かがグラスをゴンゴン!
さあ酌みに行くぞーと連れ立って半地下へ。

私のカタルーニャ贔屓を揺るがせるシドレリア(笑)
やっぱり最高!
来年もまた来なければ...



e0083228_83645.jpg

[PR]
by tomo114t | 2008-03-06 08:40 | 旅行
<< Felicitats! primavera >>