バベットのように

夏の盛り
私がまだギブスの腕で療養中だった頃
映画「バベットの晩餐会」を観た。

自分で料理ができなくて
毎日昼食をご馳走になっていた
フェランとモンセの家では
食後もすぐにはおいとませずに
ソファに寛いでテレビを見たり、うたた寝したり
なんてことも少なからずあった。
そんな調子で、好きなDVDを観てもよいと言われたある日
それじゃあお言葉に甘えて、と
以前から観たいと思っていた映画を選んだ。

途中で2人は家を出る時間になったが
「僕達は出かけるけど、君はゆっくり観てていいからね。
ドアはオートロックだから、出るときにしっかり閉めれば大丈夫」
と言ってそれぞれ仕事に用事にと出かけて行った。
主人不在の家で1人映画を観続けた私...

元々はパリの有名なレストランのシェフだったバベット
不幸に見舞われてパリを去り
ある信心深い老姉妹の家の召使いになった。
神父であったその老姉妹の亡き父の生誕100年を祝うディナー
それが「バベットの晩餐会」である。

バベットは晩餐会の準備のために休暇をもらい
食材調達の旅に出る。
そして持ち帰った珍しい食材を見て
どんな料理を出されるのかと不安で一杯の老姉妹
晩餐会はぎこちないムードでスタートした。

しかし彼女の素晴らしい料理を口にして
心がときほぐれていく招待客達
最後は輪になって踊り
故人を偲ぶ最高の記念日となった。
これが「料理の力」であり
「料理人の使命」であるのだ。

そして彼女は宝くじで当てた大金を
全てこの一晩のディナーに使い果たしてしまったのだ。
驚く老姉妹の前に彼女は平然としかし力強く言った。
「お金が無くたって、アーティストは貧しくない」と。
仕事を終えて満足げに
厨房で1人ワインを飲むバベットは
とても素敵だった。

そして私はフェランとモンセに提案したのだ。
私の腕が治った暁には
「バベットの晩餐会」をやりましょう!と。
ひと夏中ずっと作ってもらっていた分
今度は私が皆のために全て料理する食事会を
ちょっと及ばないけど、バベットのように...












なんて大きく出たが(笑)
実際は慎ましやかなものだった。
彼らの大好きな日本的な料理にして
9月最後の日曜日「ハレの日」の昼食。

いんげんの胡麻和え
きんぴらごぼう
出し巻き卵
などを前菜にして
そのあとは巻き寿司と鯖寿司を

e0083228_3484121.jpg


カタルーニャ風にカヴァで乾杯も外せない。
そのときに私は言った。

今日の料理は、この夏中毎日食事を作ってもらっていたことへの
感謝の気持ちで作りました。
おかげでほら、もう、料理できます!

皆は「tomoの腕に乾杯だ」と答えてくれた。

料理は何1つ残らなかった。もっと作ればよかったかな(笑)。

e0083228_3463887.jpg


今こうして元気でいると
事故やら骨折やらが
まるで夢の出来事だったかのようだ。
ブログを通して
知らない人にまで励ましの言葉をたくさんもらって
皆さん、その節は本当にありがとうございました。
このご恩は一生忘れません(ホントですよ!笑)



e0083228_3334751.jpg


というわけで完全復帰したら
フ−ッ、ちょっと大変(笑)
いやしかし
腕も治ってこれからが私の本番なのだ
バベットのような「真の料理人」をめざして。
[PR]
by tomo114t | 2006-10-28 07:53 |
<< 11月1日 カタルーニャバンザイ!な旅 6 >>