旅の思い出 2


無条件に美味しい
ほっぺたが落ちそう
何も考えなくても
本能で反応する
これをずーっと食べていたい
日々の主食にしたい!

とまで思えるような美味しい料理を
私も作りたいと
常々思っているのですが

旅先で出会うそういう料理は
いつも決まってシンプル
旬の食材や良質な食材を
ただ焼いただけとか
見た目も地味なもの

でも料理人の目には
いわゆる「インスタ映え」しない
その地味な姿がツボを突き
眩しく見えたりもするのです

問われるのは
素材の質と
適切な調理
口で言うのは簡単ですね ^_^;


e0083228_22042854.jpg
カタルーニャでは Ceps セップス
その他スペインでは Hongos オンゴス
イタリアでは Funghi porcini フンギ ポルチーニ

シンプルにソテーしただけの茸に
新鮮な卵の黄身を絡めていただく
ずーっと食べていられた…


e0083228_22072305.jpg

Chuleton チュレトン
牛骨付きステーキ
赤身の肉をリベラ デル ドゥエロのワインと




[PR]
by tomo114t | 2017-09-24 23:49 | カサマイヤ
旅の思い出 1 >>