Ribera del Duero


ただいま!

ワイナリー巡りの旅を終えて
カタルーニャに戻ってきております。

毎日が大充実で
あっという間に過ぎてしまった1週間
地元の美味しいワインと料理を
心ゆくまで堪能・・・し過ぎた(汗)

(右手を挙げて)宣誓!
私、明日からは
粗食、労働に励みますっ(笑)


まずはRibera del Duero リベラ・デル・ドゥエロから

e0083228_16414690.jpg


霧に包まれた葡萄畑は
物語の中の世界のよう

リベラ・デル・ドゥエロでの
ワイン作りの歴史は
もともとはロゼから始まった。
その後、1980年代に
新しい作り手たちによる
赤ワインが脚光を浴び
急成長したのだ。

e0083228_616893.jpg


4軒のワイナリーを訪問
まずは畑を見学し
栽培方法、土の特徴などを見てから
製造所を見学
最後にテイスティング
という流れ

一応通訳係の私
皆専門的な話を早口でワーッと話すので
かなり脳細胞を駆使したが(笑)
これも良い経験
おかげで「通訳」という仕事にも
興味が涌いてきた。

e0083228_6463245.jpg


改めて思う
ワインって
自然と人間のコラボレーションで
生まれるものなのだ、と。






旅の宿とレストラン選びは
私の担当(大得意!)

Aranda de Duero アランダ・デ・ドゥエロの
いかにも地元風なレストランは大当たりで
二晩連続で足を運んだり(笑)


e0083228_765686.jpg

赤ピーマンに
乳飲み子羊の足を詰めた一品
ソースも赤ピーマンで優しい味
忘れられないくらいに美味しかった

e0083228_775586.jpg

モルシージャという
米入りのソーセージは大定番

理想的にクラシックな
店内の雰囲気も最高

e0083228_7192864.jpg


2日目には
ここの代表的な郷土料理
薪火のオーブンで焼いた
乳飲み子羊のローストを

e0083228_7261378.jpg


柔らかくてミルキーで・・・

ちなみにワインは二晩とも
テンプラニーリョのロゼをセレクト
さすがにロゼが原点の土地
数が豊富で美味しいのだ


いやあ、楽しいわ(笑)

リオハの話は次回に!
[PR]
by tomo114t | 2009-11-30 10:23 | 旅行
<< La Rioja Un'altre cop? >>