26 de octubre 2


とんでもない失敗
というのは・・・

私は3種類のソルベのベースを
作らなければならなかった

ラズベリー
レモンとアニス
ヨーグルトとレモン
の3種類

「ラズベリー」は出来上がり
(まあこれは問題外)

「レモンとアニス」も出来ていて
冷蔵庫にしまってあった。

「ヨーグルトとレモン」のソルベは
まず「レモンのシロップ」のベースを作り
冷蔵庫で保存
それが冷めたところで
ヨーグルトを入れて混ぜるつもりだった。

ところがその後
ソルベのベースにヨーグルトを混ぜる段階で
「レモンのシロップ」ではなく
となりに並んでしまってあった
「レモンとアニス」のほうを混ぜてしまったのだ。

その時点では全然気づかなく(バカ)
別のものを取りに冷蔵庫に入ったときに
作業が済んだはずの
「レモンのシロップ」がそこにあるのを見て
あれ?何で・・・
ああ、しまったー!!!
となったのだった(涙)

とりあえず、気が動転
心臓もドキドキする
どうしよう、いや、落ち着け
大丈夫、まだ時間はある
急いで作りなおそう

必要な材料を書き出して
すぐに係の人にお願いした
「ちょっと大変なミスをしてしまって
作りなおすので
この材料を今すぐ用意してもらえますか?」

レストランデザートのスクールなので
幸いなことに材料は何だって揃っている
すぐに用意してもらい
計りなおし
「レモンとアニス」
「ヨーグルトとレモン」
の2つのソルベのベースは
無事完成し、一件落着。

しかし予定外の時間のロスで
時間が足りなくなってしまった

残り時間20分
まだ終わっていない作業が
たくさん残っている
2種類の飴の飾り
3種類のソルベのベースも
機械でまわさなければいけない
マセドニアの果物と野菜も切ってない

どう考えても
間に合わない!!





時間切れで未完成のまま終わる
という最悪の事態が
頭をよぎる

いや、だめだ
それだけは絶対にあってはならない

大丈夫、落ち着け
絶対に間に合う、間に合わせるんだ
心の中で言い聞かせながら
冗談じゃなく、自分との闘い(笑)

もちろん他のファイナリスト達は
もう終了モードで
片付けや盛り付けの準備に入っている中
私1人だけが、バタバタ走り回っていた(汗)

最後の3分
本当ならよく研いだ包丁で
丁寧に切るはずだった果物も
借り物の包丁で(笑)ザザッと大慌てに切り
ソルベのベースも何とかまわして

間に合った!!

最後のほうは怖くて
時計を見ていなかったので
正確なところはわからないが
5分10分はオーバーしていたかも知れない
もし12時ぴったりに
終了のゴングでも鳴って
やめ、やめ!と止められていたら
無理だっただろう
しかしそのあたりがルーズだったので
救われたかも(笑)

まあどちらにしても
あの状況から間に合ったことは
奇跡的だった。

気がついたら1番手の皿がもう
審査員に運ばれ始めていた。
さあ私も盛り付け準備に入らなければ

e0083228_2056935.jpg


1皿目はテーマ自由のポストレ
私の作は
Macedonia マセドニア
今回は食材を季節のものに変更して
秋のマセドニアとなった

使用した果物、野菜は

ブドウ、梨
柿(中心のゼリー部分のみ)
ザクロ、リンゴ
オレンジ、ピンクグレープフルーツ
イチジク、南瓜、アーティチョーク
アラニョー(ブルーベリーに似た、今の時季の実)
胡桃

それに

蜂蜜の巣(一片)
アプリコットとバニラのソース
カシスの泡
ローズマリーと柑橘酢のゼリー
ミントのゼリー
ヨーグルトとレモンのソルベ
ラズベリーのソルベ
パイナップルとラム酒のグラニテ
乾燥ラズベリー
乾燥したスミレの花びら
ラズベリーの飴の飾り
オリーブオイル
胡椒

1皿の中に25品
秋を感じるハーモニー
であったと思う
(写真がなくてすみせん
後日紹介します)

もうハチャメチャになっていた
頭と体をリセットして
盛り付け

何とか形になった
私のマセドニアは
超豪華審査員へ運ばれていった。

ほっとするのもつかの間
もう1品残っている
次はコーヒーのポストレを仕上げなければ。


また長くなったので
続きは次回に!
[PR]
by tomo114t | 2009-11-03 22:17 |
<< 26 de octubre 3 26 de octubre >>