「ほっ」と。キャンペーン

ポルトガル紀行 3


リスボンからバスに乗り
1時間ほど南下
Setubal セトゥーバルという街を散策

何でその街に行こうと思ったかと言うと
市場がとってもよいから
時間があったらぜひ行くとよい、と
ある方に薦められたから。

街に着いて
道行く人に「メルカード?」と尋ねながら・・・
「市場」って、ポルトガル語で何と言うのかは知らないけれど
きっとスペイン語と同じだろうと踏んで(笑)
案の定、通じる。

いかにも地元のオバちゃん風なご婦人でも
私が外国人、と見て
英語で答えてくれたりして
このへんの感覚は
イタリア、スペインとは違う(笑)

中規模で感じのよい街
苦もなく市場へたどり着いた。

本当に活気のある市場
特に魚がよい
新鮮な魚が山盛りで
種類も豊富
あまり臭いもしない
タイ、イワシ、イカ、アジ・・・
アジ!タタキで食べたいなあ(笑)

e0083228_519575.jpg

ポルトガルらしく
壁にはタイルの絵
しかも市場の様子が描かれていた。

e0083228_5202999.jpg


近所に住んでたら、買って帰るのにー(悔)

市場のすぐそばに
サド川という川が流れている
川と言っても河口で
すぐに大西洋とつながっているので
リスボンのテージョ川もそうだけれど
ほとんど海感覚なのだ。

e0083228_527833.jpg
e0083228_5275484.jpg

e0083228_52976.jpg


さあ、お昼ごはん

野性の勘で見つけた
市場のすぐ傍にあった食堂は
大ヒット!
また行かなきゃ、ほんとに(笑)

この街の名物は
甲イカのフリットと言われて来たので
お薦めに従って
甲イカのフリットとビールを注文
サラダ?と聞かれたので、じゃあサラダも。

e0083228_545339.jpg


新鮮で肉厚なイカ
もちろん文句なく美味しかったのだが
この店の売りは焼魚のようだった。

外の網で焼いたいろんな種類の魚を
大きなトレイにのせて男の子が店内をまわる
お客は好きな魚を皿にのせてもらう
次々焼いてエンドレスに持って来るので
お客はエンドレスに食べている
取るごとに何を何匹などチェックしていないので
料金は一律のよう
常連客は席に着いた途端に
ハイヨッともう焼魚が皿にのせられる。

しかし皆、よく食べるなあ
どの人も、食べ終わった後の皿
つまり魚の骨や頭の残った皿が
本当に山の形で山盛りだった(笑)

この店、すごい!
絶対また来よう・・・
(あ、便乗者歓迎です)

このセトゥーバルでの目的を
全て果たした私
再びバスに乗り
(言うまでもなく爆睡の1時間)
リスボンに戻ったのだった。


つづく。
[PR]
by tomo114t | 2009-10-05 06:20 | 旅行
<< ポルトガル紀行 4 ポルトガル紀行 2 >>